エマルジョンリムーバー 水橋保寿堂製薬

エマルジョンリムーバーは水橋保寿堂製薬

エマルジョンリムーバーの販売会社、水橋保寿堂製薬についてい紹介をします。
ここ水橋保寿堂製薬は社名からわかる通り、製薬会社になり、エマルジョンリムーバーから検索をしたのであれば、化粧品メーカーでない事に驚かれるかもしれません。

 

製薬会社として水橋保寿堂製薬は、富山県富山市水橋山王町にある会社で、約10億円の売上があり(2015年実績)上場こそされていませんが、今でこそ大企業として名が知られるようになってきました。

 

 

水橋保寿堂製薬の歴史

 

水橋保寿堂製薬の歴史

 

当初会社は小さく、今から約60年前の昭和23年12月に設立し、当初は医薬品を中心に製造をしていた会社で最初から大きな会社ではありません。

 

資本金も設立時は150万円と小規模でしたが、昭和53年以降は、資本金増資を繰り返し昭和53年には資本金450万円、750万円、平成3年には1200万円、平成10年には4800万円、そして平成26年には5300万円と着実に伸ばしつづけ、創業から約60年をかけ今にまで成長を成し遂げています。

 

この実績の裏には、創業から経験を生かした新しい分野への挑戦が身を結んだのでしょう。

 

平成になってから平成22年「超濃厚コラーゲン」を発売すると平成25年には「レトログラードセラム」「いつかの石鹸」「テニハナ」を発売しそして昨今エマルジョンリムーバーを発売しています。

 

そのラインナップも今では、この他にも多くの製品が水橋保寿堂製薬から提供され、医薬品の「シミトール」や健康食品・サプリメント「本気酵素」「本気水素」「還元水素」他、スキンケア商品では「UMOR」「MHセラム」「スニエーク」「シェルピカ」「アルバス」他、もずの魔法シリーズ「もずの魔法石鹸」「もずの魔法ローション」「もずの魔法シャンプー」と豊富な品揃えになりました。

 

今後水橋保寿堂製薬は、このような化粧品関係の歴史が継ぎ足される事と思います。

 

 

 

水橋保寿堂製薬は製薬会社

 

製薬会社となると、その製品を作る際にGMP省令を遵守しなければなりません。

 

【GMP省令とは】
GMP省令 Good Manufacturing Practice(製造管理および品質管理規範)GMP省令とは厚生省が「医薬品の製造管理および品質管理規則」を制定したもので、1980年は自主管理の基準として強制ではありませんでしたが、1994年に薬事法が改正され医薬品を製造する為の要件となり、一度クリアしただけではなく、5年毎にGMPの更新の査察を受ける厳しい政令です。

 

その内容は、人だけではなく設備や管理にまで及び

 

1.人為的な誤りの防止 2.品質低下の防止 3.品質の確保

 

これが3つの大原則と言い、製造工程にはこれを織り込む必要があります。

 

水橋保寿堂製薬は製薬会社GMP

 

このGMPは非常に厳しいものでありますが、逆を言えばこれがあるから、私たち安全に口にすることが出来るのです。

 

製薬会社はこうした安全には特別な意識があり、水橋保寿堂製薬はその意識の表れかGMP法制化に先駆け昭和51年に製造設備をGMPに対応した工場に変更をしています。

 

このように水橋保寿堂製薬は製薬会社の意識の高さがあり、品質重視の姿勢が特徴的です。

 

とにかく中身で勝負をしようとする考えは、営業利益に走らず、パッケージや製品の見た目が一般受けする綺麗な外観になるが中身が薄くなるようであれば、外観は見栄えしない作りになっても中身が良くなる方を選ぶとの考えです。

 

会社理念でも「自信のないものは一切お売りしない」事を主張し、高品質に拘っています。

 

エマルジョンリムーバーのヒットも外見はパットしませんが、この意識の高さの賜物でしょう。

 

【私管理人から一言メッセージ】
簡単に毛穴汚れを落とすならやはりエマルジョンリムーバーが一歩、先を進んでいる感がします。
安全性を意識した製薬会10個のフリーを実現、そして汚れ落ちも良いと高い評価を得ていますので、毛穴汚れに優れた商品をお探しならコレが近道なのかもしれません。
詳しい説明については、エマルジョンリムーバートップページで記載をしていますのでご参考にしてください。
また購入するという人は、少しコツがありますので、こちらの記事エマルジョンリムーバーを安く購入するにはをご覧いたただき、賢く毛穴汚れを落としましょう。


↓憧れの明るい肌へ↓

エマルジョンリムーバーの口コミ評判ボタン